前へ
次へ

鍼灸治療における日本と中国の違い

国家資格はそれぞれの国ごとに定められていて、基本的にはある国の国家資格は別の国では使えません。もちろん相互で利用できたりそれぞれの国で資格を取得している人ならそれぞれで使えます。医師に関しても各国で資格制度があるので、日本で医師の業務を行うなら日本の資格を持っていないといけないでしょう。中国にも医師の国家資格がありますがこちらでは西洋医学に関する医師の資格と中医学に関する医師の資格があるようです。鍼灸治療を日本で受けるときは大きく分けると二つの系統があることを知っておきましょう。一つは日本の国家資格系の治療で、古来中国から伝わった技術を日本で発展させたものを基礎としています。それ以外に中国の医療技術である中医学由来の鍼灸治療もあり、こちらは現在中国で使われている治療方法をもとに行われます。日本の鍼灸師の中には日本で国家資格を持ちながら中医学系の技術を持っている人もいて、どちらの系統の治療も受けられたりします。

Page Top