前へ
次へ

鍼灸治療は保険適用されるのか

鍼灸治療とは、鍼とお灸を使用して体の不調を改善させる治療のことです。ここでいう鍼とは医療用に用いられる針で体のツボを刺激して治療することをいいます。お灸はヨモギを乾燥させたものを、体のツボの上で燃やして温めます。鍼灸治療で治せるのが、冷え性や腰痛などです。基本的に鍼灸治療は、鍼灸院で受けることができます。ところで、鍼灸院で受ける治療は保険が適用されるのかという疑問が数多く寄せられています。医師の同意診断書があれば、一部の疾患に対して健康保険での治療が受けることが可能です。これは医師が適当な治療手段が見つからず、鍼灸による治療を医師が同意した場合ということです。対象となるのは、五十肩や神経痛やむちうち症などです。主に整形外科領域での疾患ということになります。ここで注意したいのが、鍼灸による治療を受けている間は、病院や整骨院と併用して治療を受けることが認められていないということです。もし併用してしまうと、保険適用が外れて治療費を支払うことになってしまいます。

Page Top